044-522-2267

〒212-0007
神奈川県川崎市幸区河原町1-15-103

 

診療受付時間 日・祝
AM 8:15~12:30
PM 3:00~ 6:00

◎…AM8:15~PM2:00

川崎市、幸区の眼科です。白内障、緑内障の診察。コンタクトレンズの処方せんもだしています。

緑内障

HOME»  緑内障

緑内障とは?

まぶたの上からそっと目をさわるとわかるように、眼球は空気のつまったボールのように張りがあります。これは眼球の中の圧力(眼圧)が外よりも高く保たれているからです。おかげで、体を動かしても眼球の形が変わらず、網膜の上にきちんと映像を結んで、ものを見ることができます。ところが、眼球の後ろにある視神経はとても繊細で、眼圧に耐えられないと押しつぶされて、傷ついてしまいます。残念ながら傷ついた視神経は元に戻りません。その結果、大事な視神経の数が減ってしまい、視野がだんだん欠けていきます。これが「緑内障」です。
しかも、早期に発見、治療して、病気の進行を止めないと、ついには失明に至ります。実際、緑内障は失明の原因の第1位であり、油断のできない病気なのです。

★イラストをクリックすると大きくなります

40歳以上の20人に1人は緑内障

以前は「40歳以上の30人に1人」といわれていた緑内障ですが、最新の調査によると、その数はもっと増えて「20人に1人」の割合であることがわかりました。しかも眼圧が高めの人だけでなく、正常域の人でも緑内障を発症している人が多いのが特徴です。
そして問題は、これほどありふれている病気にもかかわらず、治療を受けている人がわずか1割程度ということです。残り9割の人は緑内障が未発見のまま放置されているのです。緑内障は症状が出ていてもなかなか気づかないことが多く、そのために受診が遅れ、気づいたときには病状が進んでいることが少なくありません。40歳を過ぎたら、定期的な検査を受けたいものです。
一方、眼圧が高いのに緑内障を発症していない人もいます(高眼圧症)。しかし、眼圧が高い人の方が正常な人よりも緑内障の危険性ははるかに高いことがわかっていますから、適切な治療を受けて、緑内障予防に努めましょう。

眼圧が高くなる原因

そもそも眼圧は、どうやって一定に保たれているのでしょうか。
目の中には、房水といって、目の組織に酸素や栄養を与えたり、目の中のいらなくなった物質を運んだり、目の形を保つ働きをしている透明な液体があります。房水は、毛様体で作られて瞳孔を通り、そのほとんどは隅角と呼ばれる場所にある排水口(線維柱帯<せんいちゅうたい>と呼ばれる)へと流れ、シュレム管から眼球の外の静脈へと吸収されていきます。また一部は隅角から毛様体の方へ流れ、吸収される経路もあります。
これらの流れが様々な理由で流れにくくなると、行き場所のなくなった房水が目の中にたまり、眼圧が高くなります。高すぎる眼圧は緑内障を起こしやすくなりますので、緑内障には眼圧の検査が欠かせません。

★イラストをクリックすると大きくなります

緑内障の種類

緑内障にはいくつかの種類があります。眼圧が高くなる原因によって主に原発緑内障先天緑内障続発緑内障に分けられ、原発緑内障はさらに開放隅角緑内障、閉塞隅角緑内障に分けられます。

原発開放隅角緑内障

房水の出口である線維柱帯が徐々に目詰まりし、眼圧が上昇します。
ゆっくりと病気が進行していく慢性の病気です。

正常眼圧緑内障

眼圧が正常範囲(10~21mmHg)にも関わらず緑内障になる人がいます。これを正常眼圧緑内障と呼び、開放隅角緑内障に分類されます。 近年行われた全国的な調査の結果から、緑内障の約6割が正常眼圧緑内障であり、また欧米にくらべて日本人に多いらしいことがわかりました。

原発閉塞隅角緑内障

隅角が狭くなり、ふさがって房水の流れが妨げられ(線維柱帯がふさがれて)、眼圧が上昇します。慢性型と急性型があります。

先天緑内障

生まれつき隅角が未発達であることからおこる緑内障です。

続発緑内障

外傷、角膜の病気、網膜剥離、目の炎症など、他の目の疾患による眼圧上昇や、ステロイドホルモン剤などの薬剤による眼圧上昇によっておこる緑内障です。

緑内障の症状の進み方

緑内障の中でも、患者さんに多いタイプの開放隅角緑内障は、10~15年という長い時間をかけて少しずつ進行していきます。
そのため、初期の状態ではなかなか気づきません。というのも、人間は両目でものを見ているので、片方の視野に見えないところがあっても、もう片方がそれをおぎなってしまうのです。また多くの方は、非常に悪くなるまで頭痛や眼精疲労などの自覚症状がないため、発見が困難です。
そこで、緑内障では定期的に視野検査を行い、視野の狭まり具合が進行していないかを調べることが重要になります。
一方、閉塞隅角緑内障は、房水の排水口が急にふさがって眼圧が急激に上がり、目が痛み、充血し、ものがかすんで見えるだけでなく、頭痛や吐き気をともなう急性の発作が起こり、処置が遅れると一夜にして失明してしまうこともある緑内障もあります。

緑内障の検査

【眼圧測定】
  • 直接、眼の表面に測定器具をあてて測定する方法と眼の表面に空気をあてて測定する方法があります。
  • 眼圧は血圧と同様に、1日のうちでも高くなったり、低くなったりしますし、個人差もあります。
【眼底検査】
  • 眼に光をあてて視神経乳頭部の変化をみます。眼には見たものを脳に伝えるための視神経があり、網膜の神経線維が集まって眼球外へ出て行く部分を視神経乳頭と呼びます。また乳頭にあるくぼみのことを専門用語で「視神経乳頭陥凹(かんおう)」と呼びます。
  • 視神経が障害され、神経が死んでなくなると視神経乳頭陥凹の形が大きくなったり変形したりします。
【視野検査】
  • 眼を動かさずに見えている範囲(視野)での光の見大方を検査して視野の欠け具合を見ます。
  • 視野の欠け具合の有無や視野障害の程度から緑内障の進行具合を判定します。
【隅角検査】
  • 隅角鏡という特殊なレンズを使って、隅角の広さや異常の有無を調べます。

緑内障の治療

緑内障の治療は病気の進行をくい止めるため、眼圧を低くコントロールすることが最も有効とされています。治療法としては薬物療法、レーザー治療や手術が一般的です。
レーザー治療や手術を受け、眼圧が下降しても、その効果が維持されるとは限らず、再度手術を行う場合もあります。

薬物療法

緑内障の治療法は、緑内障のタイプや進行具合によって違ってきますが、治療の基本は高くなった眼圧を下げることにあります。
緑内障は大きく分けると、「急性」と「慢性」の2つのタイプがあります。急性の緑内障の場合、一刻も早<眼圧を下げないと、失明する危険が高いので、レーザー治療や手術による治療を行います。でも、ほとんどの患者さんは慢性の緑内障ですので、まず点眼薬(目薬)で眼圧を下げる治療をします。
もし、薬がなかなか効かず、眼圧が下がらない場合は、「慢性」のタイプであっても、レーザー治療や手術をすることもあります。

★当院ではこれらの緑内障点眼薬をお渡ししています

治療内容

緑内障とひとくちに言っても、その原因はさまざまなように、眼圧の下がりやすさも患者さんによって違ってきます。
ですから、それぞれの患者さんにあった治療法を選んで治療を行います。

眼圧の上がっている患者さんでは、最初は点眼薬(目薬)から治療を始めます。まず1種類の薬で様子をみながら、症状によっては、途中で薬を変えたり、追加したりして、2~3種類の薬を併用することもあります。点眼薬で、目標とする眼圧まで下がらない場合は、さらに飲み薬を追加したりします。

眼圧が高くなくても緑内障と診断された患者さんは、視神経が弱いため、多くの人にとって普通とされている眼圧にも耐えられない方です。そのため、眼圧の高い緑内障の人と同じように、さらに眼圧を下げるよう、点眼薬から治療を始めます。しかし、視神経の循環障害も関与していると考えられるため、血液の循環や視神経の働きをよくするために、ビタミン剤や血行促進薬の飲み薬をお勧めする場合もあります。

点眼薬の種類と使い方

眼球の形や硬さは、眼球の中の水(房水)の量で決まります。房水は、眼球の中でつくられる一方、常に眼球の外へ流出しています。この働きのバランスがくずれると、眼球内の房水の量が増え、眼圧が上がります。緑内障の治療の基本は「眼圧を下げる」ことですから、この房水の量をコントロールすることが治療の原則です。
点眼薬には2つのタイプがあります。ひとつは房水がつくられるのを抑える薬(β遮断薬、炭酸脱水酵素阻害薬)で、もうひとつは房水の流出をよくする薬(プロスタグランジン製剤、副交感神経刺激薬、α1遮断薬)です。点眼薬は、多くは「遮光・室温保存」ですが、「冷所保存」のものもあります。冷所保存であっても、開封後使い切る期間内なら、外出、旅行時は室温にさらされても大きな問題にはなりません。ただ、直接日光が当たらないようにだけ気をつけてください。
点眼するときは、決められた回数と量を守ることが重要です。
点眼後は、薬が目に十分いきわたるよう、目を閉じて、目頭を軽くおさえます。2つ以上の薬を点眼するときは、5分以上間隔をあけるようにしましょう。
薬に副作用はつきものです。もし、目やからだに異常を感じたら、すぐに医師に相談してください。また、目以外の病気を持っている人、とくに心臓や喘息などの病気を持っている人や、ほかに薬を飲んでいる人は、治療を始める前に、医師に必ずそのことを伝えてください。なお、個別のお薬については、医師とご相談ください。

レーザー治療

レーザー治療では、メスの代わりにレーザー光線(光凝固)を使うため、術後安静にする必要はなく、外来で行えます。治療の方法は大きくわけで2つあります。(1)は主に開放隅角緑内障に対して、(2)は主に閉塞隅角緑内障に対して用います。

(1)レーザー線維柱帯形成術(隅角光凝固術)
レーザー光線で目づまりをおこしている、房水の出口であるフィルター(線維柱帯)の網目を広げて、房水を流れやすくするというものです。房水の流れがよくなれば、眼圧は下がります。

(2)レーザー虹彩切開術(虹彩光凝固術)
レーザー光線で虹彩(黒目)の端に小さい穴をあけ、房水が後房より前房によく流れるようにバイパスをつくります。房水の流れがよくなれば、眼圧は下がります。

緑内障のタイプとその病状の時期により、(1)または(2)どちらのレーザー治療が必要となるかが違いますので、医師とよくご相談ください。

手術

手術は緑内障治療のなかで重要な位置をしめています。高い眼圧が続く時には、以下のような眼圧を下げる手術が必要になります。

(1)房水を外に出す手術(濾過手術)
濾過手術はふつう線維柱帯切除術(トラベクレクトミー)が行われますが、房水を目の外に流す新しい道をつくって眼圧を下げる手術です。効果を長く維持するため、手術の時に細胞の増殖を抑える薬を使用することもあります。

(2)房水の流れをよくする手術(房水流出路手術)
房水の流れの悪い線維柱帯を手術で切開し、眼圧を下げる手術です。線維柱帯切開術(トラペクロトミー)などがあります。また、閉塞した隅角をもとに戻す隅角癒着解離術もあります。

(3)房水がつくられるのを抑える手術(毛様体破壊手術)
房水をつくる毛様体を壊すことで、眼圧を下げる手術です。

(4)その他の手術
ビスコカナロストミー、深層強膜切除術、カナリゼーション、シヌソトミーなどかおり、(1)と(2)を併せ持つ手術と考えられています。

最近の手術は大変精密になり、成功率もよくなっていますが、病状や経過によっては、手術直後あるいは数週間から数年後に追加手術が必要になることもあります。ただ、いずれの手術でも視野や視力がよくなることはありません。

日常生活で気をつけること

大切な目を守るために

年に一回は定期検診を受けましょう

わが国では1988~89年に全国規模の緑内障疫学調査が行われ、その結果、40歳以上の人口のうち緑内障患は3.65%、30人に1人と予想以上に多いことがわかりました。全国では約200万人と推定されています。ところが、その内80%の人達が自身では緑内障に気づいていない潜在患者であることもわかりました。

緑内障は、日本も含め諸外国においても、失明原因の上位に位置します。悪化するまえにできるだけ早期に発見し、治療を開始することが大切です。

自分自身で目を守るという自覚を持ち、発見の機会となる健康診断などを積極的に利用しましょう。
すくなくとも年一回、定期検診を受けましょう。

PageTop